上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4/21 24:00〜放送のスバラジ 冒頭でのすばるくんのコメント文字起こしです。

4月21日ということで、記者会見をさせていただきましたのが昨日です。4月15日の日曜日。僕今日が4月16日の月曜日に僕今これ収録してるんです。で、これが21日の放送ということなので、会見後初めてのスバラジのオンエアということで、おそらくですが初めて自分がこのスバラジで何をしゃべるのかとかは注目して聴かれてる方もいるのかなと思いますので、会見でもそうだったんですが、とにかくなんの偽りのない言葉をね、ファンの方、世間の皆さんに対してもそのままの想い、言葉を表現することがなにより自分としてもそうですし、グループとしての精一杯できる誠意なのかなという自分たちの想いの元、会見でもね、他の6人のメンバーも一緒に立ってくれたんですけど、なのでそれがあっての今回のスバラジなんですけど、ちょっと自分の言葉でも特にエイターのみんなに向けてといいますかね、あの~とにかく急な一方的なお知らせになってしまって本当に、ただただ申し訳ないという気持ちと、まぁびっくりされた方もね、悲しませたりとかいろんな思いをさせてしまったと思います。本当に申し訳ない気持ちでしかないんですが、特にコンサートを楽しみにされていた方もたくさんいらっしゃると思うので自分がね、この決断をして意思が固まって事務所、メンバーにこの想い伝えたときにはですね、すでにベストアルバムの制作それから夏のツアーの制作ももうすでに始まっていたので、もうそれに関しては自分は最後まで責任もってやるつもりですという意思もみなさんにお伝えました。それで、そこからいろいろ6人でも話し合って考えたし、事務所の方とも話し合って、僕は出た結論を真摯に受け止めて最後までやるということだけだったんですが。なので6人で会話している瞬間とか、そこに事務所の方はいたかもしれないですが、僕はいなかったので、どういう会話がっていうのは正直分からないけど、でもあの、6人…事務所も含めて出した決断。特にこれはいくら事務所の人でもメンバーの気持ちというか、本当にジャニーズのタレントにしかわからん気持ちもたくさんあって、そのことはいうことじゃないんだけど。だから6人の出した決断っていうのは僕は痛いほどわかるつもりなんです。だから、絶対にこの僕のこの身勝手な決断を聞いたときにね、まずコンサートどうすんねんと。で、絶対にエイター、ファンの皆さん大丈夫かなどうしよってまずこれを考えたはずなんです。絶対それはもう。そこに対してどう向き合うか。でも6人はたぶんものすごく悩んだと思うし、苦渋の選択だったと思うんですね。7人で立つことが…エイターにとっていい…のかもしれないけれども俺の勝手な、自分勝手な理由で抜けるかもしれないけど6人は…残された6人は続けなあかんし、この関ジャニ∞というものを守ってかないといけないという。だから今だけがよければいいんじゃないんですね。やっぱり今だけがよくてグループがダメになったらそれが一番エイターを悲しませることになる。だから…申し訳ないけれどもグループを守って、さらに大きく強くするためにもうこの段階から6人で…という体制を…彼らとしても作っていかないと、という気持ちは痛いほどわかるんで、あの~そこだけは、なんか俺が抜ける立場で言えることではないけども、でももし今この番組が注目されて聴かれているなら、今この喋っていることが。だったらもうこのまま偽りのない想いと言葉を届けるべきだと思って今喋ってます。

なので、あの~まぁとにかく…そんな思いでね、6人と僕とジャニーズ事務所の方々とで、え~決め手出した結論なので一方的であって本当に申し訳ないんですけど…どうか受け止めていただき、そしてなにより…これからの6人の関ジャニ∞というのを、どうか…応援してくれたら…僕としてもそんなに嬉しいことはないと思います。…え~です!本当に…うん、だからこのまま放送してください。



(ここからはざっくり)

とはいえ、スバラジらしく放送はやっていきたいとおもいますので、お前さっき喋ってたのなんやってんってこともしゃべっていきます。スバラジもいつが最後になるのかこれから決まり次第お伝えしていきたい。どこまでいってもスバラジはスバラジらしくいきたいと思います。

スポンサーサイト
渋谷すばる脱退騒動「大物のひと声」で鎮静化か

2018.04.17 19:30

堺正章が『関ジャニ∞』からの脱退を発表した渋谷すばるにエールを送ったことが話題になっている。

堺は4月16日にクラシックカーで公道を約1100キロメートルを走るイベント『ラ・フェスタ・プリマベラ』を完走。ゴール後、取材陣に囲まれると、前日に記者会見を行った渋谷の話題に触れ、「まだまだ若いから、チャンスはある。ぜひ、その道でひとりでうまくいけたらいいですね。大変だけどね」と励ました。堺は音楽番組などで関ジャニのメンバーと何度も共演した経緯があり、「仲間がいなくなることの清々しさや大変さを味わうでしょう」と、ユーモアを交えて笑った。

「芸能界の大物の堺が脱退を批判しなかったことで、渋谷の独立騒動は収まるのではないでしょうか。メディアも騒ぎ過ぎで、一部からは『ジャニーズ王国崩壊の始まりだ』なんて騒ぐところもありますが、一グループの脱退騒動だけでジャニーズの屋台骨が揺らぐようなこともありませんよ」(芸能記者)



円満退所の渋谷がグループに戻る可能性
渋谷の脱退については、突然というわけではなく以前から予兆があったという。

「もともと渋谷はアーティスト志向が強かった。それを本人も、ジャニーズ事務所もだましだまし活動してきた部分は否定できないと思います。7人で出演するはずのライブやCMはご破算になりますが、渋谷という人間の人生のためには有意義な選択だったように思います。それに、ジャニーズ事務所と渋谷が揉めたわけではなく、円満に出て行くわけですから。渋谷が戻ってきてもいいような体制を作っておくのが事務所の使命ではないでしょうか」(芸能関係者)

渋谷がどんな活躍をしていくのか不明だが、渋谷が将来的に戻ってくる可能性も否定できないようだ。再合流でパワーアップした『関ジャニ∞』を見たいというのもファンの切なる願いだろう。
アルバム『ジャム』のライナーノーツをはじめ、これまでに何度となく関ジャニ∞の記事やインタビューを担当させてもらってきたが、その多くは「音楽的な部分を引き出してほしい(書いてほしい)」という依頼だった。関ジャニ∞はデビュー当初から現在に至るまで、ロックバンド/ミュージシャンとしての側面を打ち出そうとしているからだ。最初の頃は正直言ってアイドルの余技くらいにしか思っていなかった筆者も、ライブのたびに演奏力を上げ、バンドとしての個性を確立していく彼らの姿を見るうちに“確かにこういうバンドは他にはいないよな”と実感するようになった(昨年の野外フェス『METROCK』におけるパフォーマンスは、その好例だ)。そして、関ジャニ∞の音楽的な支柱になっていたのは間違いなく“渋谷すばる”その人だった。前述した「音楽的な部分を引き出してほしい」というオファーはつまり「渋谷から音楽の話を聞いてほしい」とほぼ同義であり、それはきわめて魅力的な仕事であると同時に、かなりハードルが高いミッションだったと言わざるを得ない。

 eighterにとっては周知の事実だろうが、渋谷は決して愛想の良い人間ではないし、サービストークをできるタイプでもない。取材の現場でも口数は少なく、場合によってはほとんど話さないということもあった。それは性格や態度が悪いという話ではなく、筆者には“自分の本心しか話さないと決めているので、場合によっては話すことがない”というふうにしか見えなかった。そんな彼が饒舌になるのは“メンバーが作った楽曲”の話題。シングルの表題曲、アルバムのリードトラックなどは様々なクリエイター、作家から提供されることが多かったが、シングルのカップリング曲、アルバムのボーナストラックなどにはメンバーが制作に関わった楽曲が収録されることが多々あり、その話題になると渋谷は生き生きとした表情でいろいろなことを語ってくれるのだ。それはつまり、メンバーに対する愛情であり、信頼できる人間が作る音楽に対する愛着の発露に他ならない。それ以外で話が弾むトピックは、レコードと楽器、彼自身が観に行ったライブ(ザ・クロマニヨンズとかThe Birthdayとか)のことなど。内心「その調子で他の曲のこともしゃべってくださいよ」と思わなかったといえばウソになるが、そんな彼の姿勢に触れるたびに筆者は「音楽だけをやりたい人なんだな、本当は」という思いを強くしたのだった。

 渋谷自身の音楽的な志向を露わにできる場所はやはり、ソロ活動ということになる。筆者は渋谷の主演映画『味園ユニバース』とリンクした2015年の『渋谷すばる LIVE TOUR 2015』、そして、ソロカバーアルバム『歌』を携えて行われた2016年の『渋谷すばる LIVE TOUR 2016 歌』のツアーを観る機会に恵まれたのが、どちらのツアーにおいても彼は、自らの音楽的ルーツにとことん忠実であり、“自分の音楽はこういうものだ”という意志を愚直なまでに見せつけていた。開演前のSEは古いブルースとロックンロール。ライブは完全に生バンドで行われ、渋谷はギターとブルースハープを演奏しながら、どこまでも真っ直ぐに自らのボーカルを叩きつける。すべてのフレーズを全力で歌い、独特なビブラートを力強く響かせる彼のステージングからは、好き嫌い、良い悪いは別にして、圧倒的な個性を感じ取ることができた。爆発的な大音響を含め、“いまやりたいことをやるだけ”という気合いに溢れたステージングは痛快の一言。2ndツアー『渋谷すばる LIVE TOUR 2016 歌』後のインタビューで本人に「あんなに音のデカいライブ、久々でした」と言ったときの、「すいませんね、俺、頭おかしいんで」と答えてくれた渋谷の笑顔は、いまも鮮明に覚えている。

 ライブの最中、一貫して“関ジャニ∞の渋谷すばるです”と主張していたことも強く心に残った。MCでは「関ジャニ∞」「eighter」という言葉を何度も発し、「普段は関ジャニ∞というアイドルグループをやってます」と率直に語る渋谷からは、“あくまでもグループの一員としてここに立っている”という意志が伝わってきた。これもeighterであれば知っていることだろうが、彼は関ジャニ∞のライブでも率先してファンへの思い、グループへの愛着をはっきりと口にしてきた。その事実を知っているからこそ、脱退のニュースが報じられた際に多くのファンは「信じられない」「そんなはずはない」というリアクションを発信したというわけだ。しかし、いま振り返ってみると、渋谷がソロライブで“関ジャニ∞の渋谷すばる”を主張していたのは、“ソロとしてやりたいこと”と“グループとしてやらなくてはいけないこと”の距離が広がるなか、“自分はアイドルであり、関ジャニ∞のメンバーである”と自らに言い聞かせるためのギリギリの選択だったのかもしれない、と思う。

 もう一つ記しておきたいのは、少なくとも筆者が取材した範囲において、渋谷から“ソロアーティストしてもやっていきたい”“音楽一本でやりたい”といった発言を聞いたことは一度もないということだ。むしろ彼は「自分はアイドルであって、ミュージシャンでも何でもない」と明言していたし、ミュージシャンとして扱われることを嫌がっているようにさえ見えた。それはおそらく“今の自分にミュージシャンを名乗る資格はない”という思いの裏返しだったのだろう。

 グループ脱退後の渋谷がどんな活動をするのかわからないし、具体的なことは何も発表されていない(「海外で音楽の勉強をしたい」というのは、自分のことを誰も知らない土地でミュージシャンとしての第一歩を始めたいということでしかないと思う)。現時点でハッキリしていることは、アイドルとして生きることを自分に課してきた渋谷が、自分の心の声に正直になった結果、いちばん好きなことを追求する決心したということだけだ。ソロアーティストとしての彼のポテンシャルは未知数だし、この先どうなるかはまったく不透明だが“30代半ばの男が自らの人生を自分の意志で選び直した”という1点において、筆者は彼を全面的に支持したい。そして願わくは、一人のミュージシャンとして活動を始めたときは、その本心をじっくりと聞かせてほしいと思う。

渋谷すばる(36)の突然の脱退に、関ジャニメンバーの心境は複雑だ。おのおのが「背中を押したい」と言いながらも、表情には無念さがにじんだ。メインボーカルを失った関ジャニは7月に始まるツアーに向け、歌のパートとフォーメーションの見直しを急ピッチで進める。

渋谷と同い年で親友でもある横山裕(36)は、涙をこらえきれなかった。会見の冒頭、渋谷が経緯説明する傍らで、目を真っ赤にしてはなをすすった。直後のあいさつでも声を詰まらせ「今日という日が本当に来ないでほしいという思いでいっぱいでした」と吐露。言葉が出ずに何度も「はぁ…」と言うなど、現実を受け入れ難い様子だった。

 「すばるが抜けた関ジャニは想像できなかった。歌に命懸けだったことは知っていたので、一緒に夢見ることはできないのかと伝えました」。メンバーやスタッフを代表して説得にあたったが、渋谷の決意は固かった。

 同じく親友の村上信五(36)も脱退に反対した。「第一声は“何でや”。話を聞いて“それは嫌や”」。渋谷がジャニーズで過ごした21年間、横山と村上はいつも一緒にいた。「メンバーとしては“嫌や”。でも、幼なじみとしては“頑張ってこい”と言うしかない」。複雑な心境を物語る言葉だった。

 年下のメンバーも険しい表情を見せたが、前向きにコメントした。錦戸亮(33)は「止める権利はない」。丸山隆平(34)は「みんなで向き合って出た結果。前向きに考えて進みたい」、大倉忠義(32)は「勝手な決断だけど、すばるくんのことを嫌いになれなかった。応援すべきかなと思った」と背中を押した。

 関ジャニのメンバー脱退は06年の内博貴(31)以来。デビュー3年目の駆け出しだった当時と、人気グループに成長した今では状況が大きく異なる。しかも、メインボーカルを失う危機。渋谷の歌唱力はグループの音楽活動の根幹をなし、簡単に代役が務まるものではない。村上も「すばるが歌っていた所をどうするかが最初の課題」と指摘した。

 新たなメインボーカルは歌唱力に定評のある錦戸が濃厚だ。関係者は「ほかにも歌えるメンバーはいる」と強調。錦戸を中心に、丸山、安田章大(33)らが、渋谷のパートを分担することになりそうだ。

 7月からの5大ドームツアーに向け、村上は「6人でもやっていけるという姿を提示できることが最善」と話した。立ち位置などのフォーメーション変更も急務。ジャニーズ随一の仲良しグループの力の見せどころになる。
2018.04.16

 関ジャニ∞の渋谷すばるが、脱退することを発表した。ジャニーズ事務所も今年いっぱいで退所するという。7月から予定していた関ジャニ∞のツアーには参加せず、5月30日リリース予定のベストアルバム『GR8EST(グレイテスト)』が7人体制では最後の作品に。突然の報告にファンが混乱するなか、4月15日には記者会見が開かれた。背中の打撲で療養中の安田章大は出席できなかったもののメンバーみんなが集まり、涙を浮かべながらそれぞれの思いを語る真摯な会見に、渋谷がいかに愛されてきたかが伝わってきた。

「なんでや。いやや」
 村上信五が話したこの言葉は、ファンと同じ気持ちだったのではないだろうか。なぜそうしなければならないのか、という疑問。そして離れてほしくない、という寂しさ。何度も話し合いが重ねられたのも納得だ。なぜなら、近年の関ジャニ∞はまさにノリにノッている状態だったからだ。2012年より『NHK紅白歌合戦』に連続出場。 夏フェスにも参加し、バンドとしてロックファンからも高い評価を得る存在になった。2015年にスタートした冠番組『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)では、様々なアーティストとセッションし、ミュージシャンとしての可能性を大きく広げていた。デビュー当初、不遇な時代を乗り越えてきた仲間と、まさにこれからさらなる高みへ、というタイミング。メンバーが「なんでや」と思うのも当然だ。

「自分だけの責任で、どこまでやれるか賭けてみたい」
 脱退してまでやりたいこととは何か、関ジャニ∞でありながらソロ活動という形ではできなかったのか、そんな思いを抱く私たちに向けて渋谷が放ったのは「自分だけの責任で」という重い言葉だった。36歳という人生の折り返し地点とも言えるタイミング。渋谷は海外を視野に入れて、新たな音楽活動をスタートさせたいという。これまでを振り返り、渋谷は「楽しいことしかなかったですね。一人じゃなかったですから」と話した。関ジャニ∞の活動が充実し、むしろ絶好調の今だからこそ旅立ちのときと見据えたのは、渋谷らしい決断かもしれない。今なら自分が抜けても関ジャニ∞が倒れない、という自信と誇り。関ジャニ∞の発言には、いつもメンバーを仕事仲間以上の絆を感じる。今回の決断は、7人兄弟の次男である渋谷が、関ジャニ∞という家からひとり暮らしをしてみたい、と思ったようなものなのかもしれない。頼りになる兄のひとりが家を出る、関ジャニ∞の家を見守ってきたファンからすれば巣立ちを見届ける切なさに包まれる。

「すばるに負けないように、全力で前を向いて」
 「下を向いちゃいけない」と涙を浮かべて語ったのは、グループ最年長の横山裕だ。下を向けば涙がこぼれてしまう自分を奮い立たせるような語り口調だった。「すばるくんの歌声が一生聴けなくなるわけではない」と未来を思い描く錦戸亮。「メンバーということに変わりはない」と消えない絆を強調した丸山隆平。「(ファンを指す)“エイター”は、すばるから出てきた言葉。我々は受け継いで向き合っていく」と、渋谷の存在が今後も関ジャニ∞とファンをつなぎ続けることを語った村上。そして、大倉忠義は「悲しい、寂しい気持ちはあると思いますが、僕らと同じような気持ちで背中を押してほしい」とファンと同じ気持ちであることを伝えた。

きっと、このホームで暮らしていたら、 みんなで平穏な日々を過ごせただろう。それも大切な夢のひとつだった。だが、それ以上にやってみたいことがある。その挑戦をしなければ、いつか後悔してしまいそうな道が見つかってしまった。今はまだ寂しくて、悲しいけれど、いつか渋谷が「あの旅立ちを決断してよかった」と胸を張れる日がくるように、そして関ジャニ∞として歩み続ける6人が「やっぱりこの家が最高だ」と思い続けられるように。変わりゆく彼らを、変わらず応援し続けたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。